« ノート好き | トップページ | 奈良ー1 »

金物見学会

久しぶりに家づくり学校の見学会に参加しました。
今回の見学先の1軒目は装飾金物を制作している「さいとう工房」さんです。

1609181

いきなり象がお出迎えしてくれました。扉や植物と一体となっているツタのような部分もこちらの工房でつくられた作品です。鉄を曲げたり溶接したり加工してオブジェや照明器具や扉など、鉄を自由に操って作品を制作されていました。
木でできているかと思ったら、よくよく見ると鉄だったり。遊び心満載の空間でした。

2軒目は「東日本金属」さんです。
真鍮製の金物を制作されています。

1609182
写真は窓のクレセントですが、左下が型で、これを元に金型をつくり溶かした真鍮を流し入れてものが上のものです。これを1つずつバラして綺麗に磨き上げると右下の製品になります。

1609183
木枠に砂を詰め、金型で型をつけて溶かした真鍮を流し入れるのですが、ご覧のとおり真っ赤な状態です。離れて見ていてもすごい熱気でした。

大量生産の時代に手間暇かけて作られている金物・鉄製品があります。モノづくりに対して誇りを持ち、職人の心意気を大事にされている方々の仕事を見学させて頂き、身が引き締まる思いがしました。
見学させて頂き、ありがとうございました。

|

« ノート好き | トップページ | 奈良ー1 »

学び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノート好き | トップページ | 奈良ー1 »