« 思い出のホテルオークラ | トップページ | 住宅改修現場進行中です »

地盤調査

あっという間に今年もあと3か月を切りました。早い・・・。
梅雨の頃から新しい仕事が始まり、バタバタとしていたら夏が終わっていた感じです。

新しい仕事は築50年の木造住宅の全面リフォームです。
友人の木の家設計室アトリエ椿の笠原さんから声をかけて頂き、共同で設計監理をさせて頂いています。

竣工当時の図面は残っていなかったので、現況調査により図面を起こし、建物内外の劣化状況、耐力壁の確認、床下・天井裏からも内部の構造・劣化状況を確認することから始めました。さらに地盤調査も行いました。
これら現況状況をまとめた上で新しい暮らし方に合わせた間取りの提案と耐震補強、断熱補強等を提案させて頂き、工務店さんに見積もりをお願いし、最終的に予算と要望のバランスを検討しながら方向性を決め、いよいよ工事開始となります。

151005
写真は地盤調査に使用したスウェーデン式サウンディング試験の機械です。しかも手動式タイプです。最近は機械式のものが多いのですが、今回は手動式でした。
2人一組で交互に重りを乗せながら土に刺したスクリューを回転させ挿入具合を計測していきます。この重りが1つ当たり10kgと25kg。7月の35度近くを記録した日だったこともあり作業して下さった方々は水を浴びたかのような汗だく状態になっていました。私はただ見守っていただけですが・・・。計5か所を調査しました。
機械だと挿入具合は見ていても分からないのですが、手動だとたくさん回転しないとスクリューが刺さって行かなければ地盤は固い、逆に簡単にスクリューが刺さって行けば地盤が緩いと分かるので、見ているだけでも大体の状況は分かります。

暑い日の屋外での重労働は頭が下がります。また、冬の寒い現場も大変ですが。今回の工事は冬を越えることになるのでなるべく雪が降らないことを祈ります。

|

« 思い出のホテルオークラ | トップページ | 住宅改修現場進行中です »

仕事(リフォーム)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い出のホテルオークラ | トップページ | 住宅改修現場進行中です »