« 東京の桜 | トップページ | 配管水漏れー2 »

配管水漏れ-1

連日よい天気に恵まれたGWでしたね。そのGWの始まりに自宅(マンション)で水漏れが発生しました。今まで上階から水が漏れたことは何度かありましたが、今回は我が家からの水漏れで下階に被害が・・・。すぐに管理会社の方が来てくれたものの給水系か排水系かが分からず次の日に設備工事会社の方の調査開始です。

先ずは給湯器の立ち上がり配管を利用して給水管・給湯管の圧力を測定します。圧力が下がっていれば水が漏れている証拠です。測定してみると、給湯管の圧力が下がっており、給湯管から水が漏れていることが確定です。
次に給湯管のどこから水漏れが発生しているか調べるために床に穴を開けると・・・
1505071
1505072
現在ではRC造のマンションの場合の床は束を立てた上に合板・仕上げをする置床方式なので床下に空間がありますが、我が家は築40年近く、当時よく使われていたらしい「ネダフォーム」というもので、モルタルを敷いて水平を取り、その上にスタイロフォーム+合板+仕上げというものです。
この方法だと配管がモルタルの中に埋まってしまうため、配管のどこから水が漏れたか調べることはかなり困難です。位置をはっきりさせるには配管部分全て床を壊してモルタルも壊さないといけません。
床下がモルタルではなくコンクリートで埋められている場合もあり、そうなると壊すことはほぼ不可能で復旧はさらに困難を極めます。

ということで、元々の給湯管はそのままにして給湯管を新たに配管するという方法が現実的なようです。ついでに給水管や排水管もという話も出ましたが、とりあえず見積もりを出してみて相談することになりました。
日曜・祝日はお休みということで、給湯管のみ止めてもらってGW明けに再度相談です。どうなることやら。

|

« 東京の桜 | トップページ | 配管水漏れー2 »

仕事(リフォーム)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京の桜 | トップページ | 配管水漏れー2 »