« 2室を1室に改修 | トップページ | 京都の桜 »

アーキテクトセミナー

150306
昨日、津田ホールにて開催された内藤廣さんのセミナーを拝聴してきました。
もう10年以上前にJIA建築セミナーに参加した時に実行委員長だったのが内藤さんでした。セミナーに参加していた時に何度かお話を伺う機会があったのですが、建築家としても人としてもとても尊敬できる方で、セミナーが終了してからもたまに内藤さんが設計した建物を見学に行ったり、講演会を聴きに行ったりしています。

今回のセミナーは最近竣工した建物についてのお話ということでしたが、建物についての説明だけでなく、どういう姿勢で建築と向かい合ってきたか、そしてこれからどう向かい合っていくのかというお話が中心にありました。
建築家には兎と亀がいる。そして自分は亀だと。亀の唄がありますということで「時代おくれ」(作詞:阿久悠、唄:河島英五)の歌詞が最後に紹介されました。

「目立たぬように はしゃがぬように
 似合わぬことは 無理をせず

 ねたまぬように あせらぬように
 飾った世界に 流されず

 ひとの心を 見つめつづける
 時代おくれの男になりたい」

私も兎が羨ましい部分はあるけれど、やっぱり亀かなと思います。

(写真は内藤さん設計の「海の博物館」です。)

|

« 2室を1室に改修 | トップページ | 京都の桜 »

学び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2室を1室に改修 | トップページ | 京都の桜 »