« 住宅医スクール修了 | トップページ | アーキテクトセミナー »

2室を1室に改修

昨年11月頃、急に親戚からちょっと相談があるんだけどと連絡がありました。元々1部屋だったところを子供室に2分割して使っていたけれど、2人とも自立して自宅を出ることになったので1部屋に戻したいとのことで元に戻す改修工事をすることになり、先日完成しました。
元々天井中央が折り上げ天井になっていたものが一部塞いでありましたが、基本的には元の状態に近い形で改修することになりました。

基本的に2分割するためにつくった壁と収納を取り払うのみで形状には変更はない工事で、仕上材・照明・家具・カーテンも含めて提案することになりました。
折り上げ天井は高さ30cmほど上がっていて、元々は縁に化粧モールが取り付けられており、それがアクセントにもなっていましたが、今回はスッキリさせたいとのご希望で廻り縁も見切り程度のものにしたので、天井一面を同じ色にすると折角の折り上げ天井も活きないのではということで、折り上げ天井面を少し濃いめの色にすることにしました。

150227
今回はご希望で壁・天井ともにビニールクロスでしたが、織物調のものを選んでみました。ショールームへ行き、サンプルをもらい、現場で合わせてみたりと、よくよく検討して写真のものにしました。下から壁・天井・折り上げ天井のものです。
完成写真は載せられないですが、壁・天井は白に近いベージュ系で明るいので、折り上げ天井の色を変えたことで空間が締まった感じになったのでは?と自己評価していますが、仕上がりは概ね喜んで頂けたようでホッとしました。

そして、今回驚いたことは、照明器具をヤマギワのもので選んだのですが、ダウンライトなどかなりのものがLEDになっていて、それもLED電球ではなく器具と一体になっているLED照明が多かったことでした。昨年事務所改修工事をした時はそこまでLEDの勢いを感じていなかったのですが、今後益々LEDが勢力を増すのでしょうね。白熱灯や蛍光灯だって適材適所で選べる余地は残っていいと思うのですが。

|

« 住宅医スクール修了 | トップページ | アーキテクトセミナー »

仕事(リフォーム)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 住宅医スクール修了 | トップページ | アーキテクトセミナー »