« 家づくり学校 | トップページ | Stool 60 »

桃パフェ

みなさんはどんな果物がお好きですか?私はここ15年くらいは桃が一番好きです。たまたまおいしい桃をお裾分けして頂く機会に長く恵まれ、すっかり桃好きになりました。今現在はお裾分けは頂けなくなってしまったので、毎年夏が近づくと桃を求めて彷徨います。

高級桃はとっても高いし、ベストの熟れ具合を見極めるのも結構難しいので、最近はフルーツパーラーで桃パフェを頂くことにしています。プロが選んだ最上級のものが最高の状態で頂けるのですから。
そして今年は赤坂にあるフルフルさんに行ってみました。こちらは神田にあった万惣さんで働いていた方々で始めれたお店。フルーツのプロが季節の果物でパフェをつくってくれます。

1408193_2
これが、今までの食べた桃パフェの中でダントツ1位!
桃は甘過ぎず、果肉も程よい柔らかさで、何と言っても味が濃い!! 中心にはバニライス、その下には小さくカットした桃とナタデココ、そして桃のアイス。かかっているラズベリーソースもアクセントとなって爽やかさも感じます。
全てのバランスが最高で多分ニヤケながら食べてたかもしれません。怪しい人だったかも・・・。桃は長野県産の川中島だそうです。桃は時期に応じて品種が変わっていき、9月中は楽しめるそうです。
今まで何軒か食べてみたのですが、何だかしっくり来ない感じでしたが、フルフルさんの桃パフェは本当に「コレだ!!」という感じでした。来年も食べに行こうと心に決めました。

これ程に虜にされるって凄いことですよね。この1杯のために毎年桃を厳選し、納得できる状態になるまで提供されないので、今年は7月下旬からの提供でした。中の桃アイスも最初はラズベリーシャーベットだったものが桃の品種に合わせて桃アイスに変えているそうです。すべてを最高の状態で提供するためにバランスが考えられています。

これは住宅でも同じことが言えるのではと思いました。木材は伐り旬に合わせて伐採され、乾燥を経て製材されます。柱や梁、造作材などそれぞれに適した材料を選び、さらには木材に合わせて壁紙や左官材など仕上材で全体をまとめます。
そこには木を育てる林業化、製材する材木屋、組み立てる大工さん、そして仕上げをする各種職人さん、現場をまとめる監督さん、そして全体のバランスを考えて図面を描く設計者と1つの住宅を建てるために最高の状態のものを建て主さんに届けるためにみんなが最善を尽くします。
すべての思いが重なった時には笑顔が生まれることでしょう。そして、その笑顔を見るためにみんな頑張るのです。

最高の状態を提供しようとする人たちとその波長に重なる人たちが出会うことができると素晴らしいなあと思いました。
(桃パフェから話が飛躍し過ぎたかもしれません・・・。)

|

« 家づくり学校 | トップページ | Stool 60 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家づくり学校 | トップページ | Stool 60 »